健康用語WEB事典

ジペプチド(dipeptide)

2つのアミノ酸α-アミノ酸)がペプチド結合で繋がったペプチド*1*2

一部のジペプチドは特異な生理作用を有することが知られている。例えば、フェニルアラニンプロリンからなるジペプチドにはコレステロール代謝改善作用があることが報告されている。また、チロシンプロリンからなるジペプチドを急性アルツハイマー病モデルマウスに2週間経口投与することで、短期記憶および長期記憶の障害が改善されると確認されている。*3*4

*1財団法人 日本鯨類研究所 鯨研通信 鯨肉に含まれるバレニンについて: http://www.icrwhale.org/pdf/geiken429.pdf
*2徳島大学 研究紹介 環状ジペプチド:ジケトピペラジンの多様な特性: https://www.tokushima-u.ac.jp/fs/1/0/8/9/0/1/_/yakugakubudayori15-2.pdf
*3ジペプチド(フェニルアラニン-プロリン:FP)にコレステロール代謝改善作用があることを世界で初めて発見|研究成果 | 国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学: https://www.gifu-u.ac.jp/news/research/2019/12/entry20-7641.html
*4九州大学 血液脳関門を透過するジペプチドの摂取は記憶障害の改善に有効 急性アルツハイマー病モデルマウスにて初めて実証: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/39129/20_05_01_02.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ジペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-09-28 (月) 08:08:31