健康用語WEB事典

ジャスモン酸メチル(methyl jasmonate)

ジャスモン酸メチル化誘導体ジャスミンの花の香気成分。アブシジン酸と同様に植物成長抑制作用を示す植物ホルモン*1*2

ジャスモン酸メチルの化学構造

植物において、細胞内で発生する過酸化水素が、生物的ストレスに対応するジャスモン酸メチルによる信号の伝達に関与することが報告されている。*3

*1共同発表:植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見~遺伝子組み換え植物に頼らない干ばつ被害軽減に期待~: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20170627/index.html
*2東北大学 大学院農学研究科・農学部 植物ホルモン類(アブシジン酸・ジャスモン酸)に関する研究: https://www.agri.tohoku.ac.jp/yuuki/00kiyo/res/hormone.html
*3ジャスモン酸メチルによる気孔閉口をカタラーゼが制御する | 岡山大学 資源植物科学研究所: https://www.rib.okayama-u.ac.jp/researchactivity/20120611.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ジャスモン酸メチルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filemethyl_jasmonate.png 閲覧数 347回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-20 (金) 08:09:48