健康用語WEB事典

スコポラミン(scopolamine)

ナス科の植物に含まれるアルカロイドアセチルコリン受容体であるムスカリン受容体拮抗薬抗コリン薬)のひとつ。*1

スコポラミンの化学構造

中枢神経に作用し、鎮静作用や運動野の抑制作用、副交感神経の遮断作用があり、パーキンソン病の治療薬として用いられる。*2*3

スコポラミンを投与した哺乳動物は、ヒトの記憶障害モデルとして利用される。

知的機能低下である学習・記憶障害とアセチルコリン系の機能低下には強い相関が認められる。このことから内のアセチルコリン系の神経伝達を抑制することにより、大脳皮質神経細胞欠損型痴呆の動物モデルを作成するという考え方がある。アセチルコリン受容体拮抗薬の1つであるスコポラミンを投与したマウス等のげっ歯動物やアカゲザル等の霊長類においてよく研究されており、受動的回避反応の参照記憶課題において明確な障害を誘発し、ヒトにおける記憶障害モデルとして有用であると考えられる(非特許文献4参照)。*4

*1海馬の学習・記憶機能ならびに培養海馬神経細胞の樹状突起伸長におよぼすバソプレシンの影響 論文審査委員 教授 龜井千晃 教授 川崎博己 准教授 北村佳久 准教授 井上剛: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/1/17319/20160527222714404756/K003989.pdf
*2副交感神経遮断薬(抗コリン薬、抗ムスカリン薬): http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Pharmacol/Pharm-II02-5.html
*3東北医科薬科大学 天然由来の医薬品: http://www.tohoku-mpu.ac.jp/laboratory/tennen/lecture3/repii_PPT-3(1).pdf
*4公開特許報 学習・記憶障害防止用組成物: http://www.nubic.jp/pdf/koukai/JPPP2006-312594.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スコポラミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileL-scopolamin.png 閲覧数 265回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:34