健康用語WEB事典

スタウロスポリン(staurosporine)

放線菌から単離された抗生物質がん幹細胞を選択的に殺傷する。中皮腫に対して高い効果を持つ。*1

スタウロスポリンの化学構造

スタウロスポリンをエピルビシンミセルに封入させ、その副作用生体内での不活性化を抑制した抗がん剤が開発されている。

*1がん幹細胞を狙い撃ちするナノテク抗がん剤の開発に成功 アスベスト被爆が原因となる難治がん(悪性中皮腫)に対する奏功を確認: https://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_20160422131152736275900876_581071.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スタウロスポリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filestaurosporine.png 閲覧数 39回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-02 (水) 10:56:27