健康用語WEB事典

ステアリン酸(stearic acid)

飽和脂肪酸のひとつ。炭素数18。ほとんど水に溶けない。

一部は体内で一価不飽和脂肪酸オレイン酸に変換される。*1

ステアリン酸の化学構造

工業的には蝋燭の製造などに用いられる。*2

*1脂肪酸が生体内で不飽和化される化学反応を理論解明― 金属酵素による反応活性化機構の高精度計算に新しい道 ― (柳井グループ) | 分子科学研究所: https://www.ims.ac.jp/news/2014/11/17_3047.html
*2国立大学法人 大阪教育大学 ステアリン酸 stearic acid: http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~hiroakio/OCDB/HydrocarbonOxygen/stearic%20acid.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ステアリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filestearic_acid.png 閲覧数 191回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:35