ステロイド性大腿骨頭壊死症(steroid-induced osteonecrosis of the femoral head)

ステロイドが原因となる特発性大腿骨頭壊死症?自己免疫疾患喘息などの炎症に対するステロイド治療後に多く発生することが報告されている。*1

*1「胃潰瘍治療薬が難病予防」〜抗潰瘍薬であるランソプラゾールによる特発性大腿骨頭壊死症予防の可能性〜」について |プレスリリース・メディア |札幌医科大学: http://web.sapmed.ac.jp/jp/news/press/03bqho000026ehfb.html

ステロイド性大腿骨頭壊死症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-10 (月) 12:08:01