健康用語WEB事典

ステロイド糖尿病(steroid diabetes)

ステロイド副作用として引き起こされる代謝異常が原因となる糖尿病を合成する働きを高めるため血糖が増加する。*1

ステロイド受容体である脂肪細胞グルココルチコイド受容体が発症に関わる。*2

ステロイド糖尿病に対してピオグリタゾンの投与が血糖コントロールおよびインスリン抵抗性改善に有効であることが報告されている。*3

タグ: 糖尿病 ステロイド 副作用

*1ステロイド治療|東京女子医科大学病院 腎臓内科: http://www.twmu.ac.jp/NEP/steroid.html
*2ステロイドによる糖尿病発症メカニズムの一端を解明 - リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2019/20190228_1
*3ステロイド糖尿病に対するピオグリタゾンの効果: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo1958/47/8/47_8_643/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ステロイド糖尿病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-12-03 (木) 13:05:28