健康用語WEB事典

ストレッカー合成(Strecker synthesis)

アルドフ・ストレッカー(Adolph Strecker)によって行われたアミノ酸アラニン)の合成。1850年に発表され、初めての人為的なアミノ酸の合成であるとされる。

アルデヒドアンモニアシアン化水素を反応させてできるα-アミノニトリル加水分解してアミノ酸を合成する方法。*1

Strecker反応は、一般的に、アルデヒド化合物ケトン化合物アンモニウムイオンシアン化物イオンを反応させてα-アミノニトリル化合物とした後に、シアノ基加水分解してα-アミノ酸を製造する方法である。*2

*1弘前大学教育学部紀要 第100号 超高圧条件を用いたケチミンのアリル化反応の開発-その1: http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/html/10129/788/AN00211590_100_41.pdf
*2特許 WO2014129538A1 - α-アミノニトリル化合物の製造方法 - Google 特許検索: https://www.google.com/patents/WO2014129538A1?cl=ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ストレッカー合成に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-30 (土) 09:02:11