健康用語WEB事典

ストレプトコッカス・サングイニス(streptococcus sanguinis)

ストレプトコッカス属の虫歯菌のひとつ。ストレプトコッカス・サンギスとも。

感染性心内膜炎の病巣で確認される。ピルビン酸オキシダーゼSpxB)により高濃度の過酸化水素を産生する。*1

これによって産生される過酸化水素は、好中球ヒストンシトルリン化を誘導して好中球細胞外トラップ形成を促進するなど、好中球に対する細胞毒性を示すことが報告されている。

*1大阪大学 Streptococcus sanguinisにより産生される過酸化水素が好中球に対して及ぼす影響 住岡龍一: https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/56120/28056_%E8%AB%96%E6%96%87.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ストレプトコッカス・サングイニスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-11 (火) 09:09:55