ストロファンチジン(strophanthidin)

モロヘイヤの種子や茎に含まれる強心配糖体Na+/K+-ATPaseを阻害する。コンバラトキシンアグリコンであり、コンバラトキシゲニンとも。*1*2*3

ストロファンチジンの化学構造
*1モロヘイヤの毒 神経細胞生物学 島田 昌一 | 大阪大学医学系研究科・医学部: http://www.med.osaka-u.ac.jp/introduction/relay/vol15
*2国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 モロヘイヤの毒性: https://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/jute.html
*3Strophanthidin | C23H32O6 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Strophanthidin

ストロファンチジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filestrophanthidin.png 閲覧数 6回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-15 (日) 14:54:43