健康用語WEB事典

スフィンゴイド塩基(sphingoid base)

スフィンゴ脂質を構成する塩基長鎖塩基とも呼ばれる。*1*2

哺乳類では80%がスフィンゴシンとされる。*3

これらの1位がリン酸化されたものは、脂質メディエーターとして細胞受容体に結合する。*4

*1Long-Chain (Sphingoid) Bases - sphingolipids, glycolipids, ceramides - structure, occurrence, biochemistry and function: http://www.lipidhome.co.uk/lipids/sphingo/lcb/index.htm
*2脂肪酸の多彩な代謝,生理機能と関連疾患 木原章雄: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/03/85-07-05.pdf
*3日本栄養・食糧学会誌 第66巻 第4号 177‒183(2013)食品機能性成分としてのスフィンゴ脂質の消化と吸収 菅原達也: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/66/4/66_177/_pdf
*4スフィンゴシン1-リン酸の代謝経路の全容と中間代謝体としての重要性: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/03/85-07-05.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スフィンゴイド塩基に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-07 (土) 17:23:20