健康用語WEB事典

スプライシングバリアント(splicing variant)

スプライシングによって残るエキソンの異なりによる区別。

スプライシングの過程でエクソンを取捨選択することで、一つの遺伝情報から多様なタンパク質(スプライシングバリアント)を作ることが可能になる。*1

*1東京大学 自閉症などの神経発達障害に関連するタンパク質が神経細胞同士を適切につなぐ仕組み: http://www.iam.u-tokyo.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/pressrelease_270424.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スプライシングバリアントに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-15 (月) 08:35:10