健康用語WEB事典

スプライソスタチンA(spliceostatin A : SSA)

スプライシングを調節する抗がん活性物質のひとつ。スプライシング因子U2?サブユニットであるSF3b?に特異的に結合してスプライシングを阻害し、mRNAの蓄積を引き起こす。*1

細胞内のRNAに未成熟切断およびポリAアデノシンが複数連続した配列)付加(PCPA?)を引き起こすことが報告されている。

タグ: 細胞 RNA 遺伝子 スプライシング

*1スプライシング調節化合物がもたらす新たな作用を発見 | 理化学研究所: https://www.riken.jp/press/2021/20210330_1/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スプライソスタチンAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-03-31 (水) 08:06:03