健康用語WEB事典

スルファドキシン(sulfadoxine)

マラリアの治療薬の有効成分のひとつ。ピリメタミンと合成されて利用されることが多い。パラアミノ安息香酸?と競合して二水素葉酸?の合成を阻害する。*1

スルファドキシンの化学構造

現在では耐性を持つマラリア原虫の出現が確認されている。

熱帯熱マラリアの治療薬として, 従来はクロロキンやスルファドキシン・ピリメタミンSP合剤?)が第一選択薬として使用されていたが, 現在では耐性原虫の流行により単剤投与では治療効果は期待できない. *2

*1旭川医科大学 ファンシダール錠: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/6/6419100F1025.html
*2メフロキンの最大量投与が有効であった熱帯熱マラリアの一例): https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/3531/1/58_311.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スルファドキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filesulfadoxine.png 閲覧数 252回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-07 (火) 10:31:29