健康用語WEB事典

スルホムチン(sulfomucin)

糖鎖中に硫酸基を持つ糖タンパク質酸性ムコ多糖)。胃底腺副細胞に多い。*1

シアロムチンに比べて粘性がやや低いため、消化管内容物に対する潤滑作用があるとされる。細胞増殖促進作用による粘膜上皮の修復に関与していると考えられている。ペプシンに対する阻害活性を持つ。また、消化管からの水分吸収を促進する。

*1胃粘膜における粘液物質の組織化学的分類と機能 鈴木一憲 岡山大学歯学部 口腔解剖学第一講座: https://core.ac.uk/download/pdf/12535929.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


スルホムチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-10 (木) 13:40:03