セサモリン(sesamolin)

ゴマに含まれる脂溶性リグナン類の一種。ゴマリグナンのひとつ。セサモールおよびセサミノール前駆体。C20H18O7

セサモリンの化学構造

酸化ストレスに対する抗酸化作用を持つ。*1

セサミンおよびセサモリンはゴマ種子中に含まれる脂溶性リグナン類の一種であり、生体内で様々な機能性を持つ微量成分であることが報告されている。...

中でもセサモリンはゴマ油酸化防止に関与するセサミノール前駆物質であることが古くから報告されているが(Fukuda et al.1986)、セサモリンから生成されるセサミノールDNA酸化障害抑制効果(Kang et al.1998)も報告されている。*2

*1北海道医療大学 食品機能性成分データベース: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~wadakg/database/dbindexka.html
*2ゴマ種子中のセサミン・セサモリン含有量の変動要因解析と高含有品種の育成および脂質代謝における機能性評価: http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/9-2.pdf

セサモリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filesesamolin.png 閲覧数 102回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-08 (木) 18:34:43