セラミド(ceramide)

スフィンゴイド塩基脂肪酸アミド結合した化合物の総称。最も単純なスフィンゴ脂質。セラミドにリン酸などが結合したものは複合スフィンゴ脂質と呼ばれる。

セラミドは、皮膚表皮角質層)の細胞間の脂質の約50%を占め、バリア機能や保湿機能に重要な役割を持つ。*1*2

前駆体ジヒドロセラミドインスリン抵抗性肥満者においては、骨格筋に含まれるセラミドが通常の2倍に増加している。*3*4

細胞アポトーシス分化細胞周期に関与する。

スフィンゴ脂質の骨格であるセラミドは脂肪酸長鎖塩基スフィンゴイド塩基)がアミド結合した構造を持つ(図2A).長鎖塩基部分もパルミトイルCoAセリン前駆体となっているので,スフィンゴ脂質の合成には2分子の脂肪酸が用いられている.*5

セラミダーゼによってスフィンゴシン脂肪酸に分解される。

*1日本栄養・食糧学会誌 第66巻 第4号 177‒183(2013)食品機能性成分としてのスフィンゴ脂質の消化と吸収 菅原達也: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/66/4/66_177/_pdf
*2冬の乾燥から肌を守るためのスキンケア: http://www.spu.ac.jp/nocms/strawberry0008/23web/23-12-2.pdf
*3北海道大学大学院薬学研究院 生化学研究室 スフィンゴ脂質関連遺伝子の同定と皮膚セラミド: https://www.pharm.hokudai.ac.jp/seika/researches/1.html
*4糖毒性・脂肪毒性とインスリン抵抗性 卯木智 前川聡: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/49/11/49_11_853/_pdf
*5脂肪酸の多彩な代謝,生理機能と関連疾患 木原章雄: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/82-07-03.pdf

セラミドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-05 (日) 09:07:48