健康用語WEB事典

セリンパルミトイル転移酵素(serine palmitoyltransferase : SPT)

セリン(L-セリン)とパルミトイルCoAが縮合して、セラミドなどの前駆体となる3-ケトジヒドロスフィンゴシンを生成する反応を触媒する酵素*1

ピリドキサールリン酸補酵素として利用する。

*1スフィンゴ脂質代謝酵素 | 大阪医科大学 生化学教室: https://www.osaka-med.ac.jp/deps/med/staff/ikushiro/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


セリンパルミトイル転移酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:40