セルロプラスミン(ceruloplasmin : Cp)

α2-グロブリンのひとつ。肝臓由来のタンパク質小腸十二指腸から吸収されて肝臓に運ばれてきたと結合し、これらを各臓器に輸送する。血清中のの約90%を保持する。*1

ATP7B蛋白の働きにより肝細胞細胞質からゴルジ体へ輸送され、セルロプラスミン結合となり、血液中・胆汁中に排泄されます。*2

セルロプラスミンに含まれる二価鉄三価鉄酸化してトランスフェリンに渡し、ヘモグロビンへの取り込みを促進する。

スーパーオキシドを除去する抗酸化作用を持つと考えられている。*3

ヒトにおいて、セルロプラスミンの遺伝子変異が全身の臓器に過剰な沈着を起こすことが確認されている。*4

2種類のアイソフォームが存在する。*5

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2ヒト疾患iPS細胞のウィルソン病への応用 - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2011/20110603_02.html
*3岡山大学 セルロプラスミン,CP(ceruloplasmin): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/denkai/cp.htm
*4テーマ9:無セルロプラスミン血症などの脳内鉄沈着を伴う神経変性症(neurodegeneration with brain iron accumulation、NBIA)の病態解明 信州大学医学部第三内科: http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-3nai/theme09.html
*5浜松医科大学 第1内科 研究活動:神経変性症における脳内の鉄代謝: http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/med1/neurology/neuro_2.html

セルロプラスミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-04 (月) 08:08:18