健康用語WEB事典

セレノネイン(selenoneine)

マグロの血合肉(濃い暗赤色の部分)や内臓に含まれる、イミダゾール環内にセレンを含む化合物

メチル水銀の解毒や活性酸素除去、ヘムタンパク質酸化防止、GPx1の発現に関わるなどの作用が知られている。*1*2

魚には高濃度のセレンが存在しており,特殊な構造のセレン化合物が存在すると考えられてきた.近年,マグロ類の血合肉や内臓から,セレノネインと呼ばれる低分子セレン化合物が同定されている.*3

*1Discovery of the strong antioxidant selenoneine in tuna and selenium redox metabolism. - PubMed - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21540999
*2魚類に含まれる有機セレン化合物の構造と機能に関する研究 山下由美子: http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/53317/1/yamashita_ah23.pdf
*3セレン欠乏症の診療指針 2015: http://www.jscn.gr.jp/pdf/selen20150717.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


セレノネインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-29 (金) 15:33:57