健康用語WEB事典

セレノプロテインP(selenoprotein P)

セレノプロテインおよびヘパトカインのひとつ。ミネラルセレンを多く含む。LRP1リガンドとなり、筋肉インスリン抵抗性を誘発する。*1

二型糖尿病脂肪肝の患者には、血液中のセレノプロテインPが増加し、血糖値を増加させることが報告されている。*2

ヘパトカインの異常は、インスリン抵抗性2型糖尿病に関連する可能性がある。最近の研究では、ヘパトカインの一つであるセレノプロテインPが糖代謝インスリン感受性の抑制に重要な役割をもつことが示唆されている。*3

*1大学プレスセンター - 金沢大学医学系のグループが、運動の効果に個人差がある原因の一つを解明 -- 「運動効果増強薬」の開発や、運動効果の出やすさ診断へ: https://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=11050
*2共同発表:肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が運動の効果を無効に~運動の効果に個人差がある原因の一つを解明!: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170228-2/index.html#YOUGO1
*3抄読会要約まとめのご報告(第三回目)|愛媛大学医学部(第三内科): http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/int.med3/?p=621

ご意見・ご要望をお聞かせください。


セレノプロテインPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-03 (月) 06:52:28