健康用語WEB事典

セレノメチオニン(selenomethionine)

セレンアミノ酸のひとつ。シイタケに含まれる。L体のL-セレノメチオニンにはメチル水銀神経毒性を効果的に弱める作用があることが示唆されている。*1

セレノメチオニンの化学構造

ラットが摂取した様々な化学構造のセレン化合物は、腸内細菌によってセレノメチオニンへと代謝され、そのセレノメチオニン腸内細菌菌体内で貯蔵される。*2

タグ: セレン アミノ酸

*1KAKEN — 研究課題をさがす | D-セレノメチオニンの生体内動態に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19890212): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19890212/
*2国立大学法人 千葉大学 腸内細菌がミネラルの吸収を向上させる 必須超微量元素セレンを効率よく吸収する仕組みを解明: https://www.chiba-u.ac.jp/general/publicity/press/files/2019/20200319selenium.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


セレノメチオニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileselenomethionine.png 閲覧数 157回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-12-13 (日) 10:23:45