健康用語WEB事典

ゼアキサンチン(zeaxanthin)

カロテノイドキサントフィル)のひとつ。赤色を呈す。人体ではルテインと同様に黄斑に存在し、化学構造もルテインに似ている。黄斑の中心部に主に存在し、特に錐体に多く存在する。*1

ゼアキサンチンの化学構造

ホウレンソウトウモロコシ、赤いピーマントウガラシに多く含まれる。加齢黄斑変性症の予防に効果があることが報告されている。*2

サプリメントに含まれるものは、一般にマリーゴールド?の花から抽出・精製されたもの。

*1機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠 橋本正史: https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/52/6/52_534/_article/-char/ja/
*2科学研究費助成事業 研究成果報告書 桐野顕子 加齢黄斑変性の予防を目的とした食品データベースの作成: https://kaken.nii.ac.jp/en/file/KAKENHI-PROJECT-23700940/23700940seika.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ゼアキサンチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filezeaxanthin.png 閲覧数 58回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-13 (金) 19:52:40