健康用語WEB事典

ソブリヌス菌(Streptococcus sobrinus)

虫歯菌のひとつである、ストレプトコッカス属のレンサ球菌。学名はストレプトコッカス・ソブリヌス

グルコシルトランスフェラーゼを持ち、スクロースを分解して得られるグルコースを結合させて非水溶性グルカンを合成する。*1

ソブリヌス菌は口腔に単独で存在することは稀で、ミュータンス菌と共存していることが報告されている。さらに、この共存によって虫歯の発症を促進しているとされる。ミュータンス菌とは代謝経路が異なることが知られている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ミュータンス菌のグルカン合成酵素の構造と機能 (KAKENHI-PROJECT-06671811): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-06671811/
*2小児歯科学雑誌 グルカンバイオフィルムモデルにおけるミュータンスレンサ球菌の酸産生 佐藤恭子 星野倫範, 藤原卓: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspd1963/45/3/45_412/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ソブリヌス菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-18 (水) 09:50:05