健康用語WEB事典

ソモジー効果(Somogyi effect)

空腹時に高血糖だからといってインスリンの投与量を増やすと、低血糖を介したさらなる高血糖が起こるため、インスリンを減量することにより血糖値の変動が安定するという逆説的な現象。1938年にアメリカのマイケル・ソモジー(Michael Somogyi)が報告した。*1*2

*1埼玉医科大学内分泌 糖尿病内科 粟田卓也 持効型溶解インスリン製剤の誕生: http://www.saitama-med.ac.jp/uinfo/mnaika4/pdf/ditn2012-11.pdf
*2三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科: https://www.hosp.mie-u.ac.jp/wp-content/themes/mieuhosp/assets/doc/outline/nenpou/nenpou2015/tonyobyonaibunpitsu_n.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ソモジー効果に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 18:01:11