健康用語WEB事典

ソラフェニブ(sorafenib)

肝細胞がん腎臓がんに用いられる抗がん剤。商品名はネクサバール*1*2

ソラフェニブの化学構造

腫瘍増殖や血管新生に関与するチロシンキナーゼの活性を阻害する。*3

副作用としてを始めとする皮膚痒み発疹高血圧消化器症状疲労感頭痛などがある。

*1白血病および白血病類縁疾患における分子標的治療 岡山大学病院 血液・腫瘍内科 前田嘉信 谷本光音: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52324/20160528114710961785/126_49.pdf
*2国立がんセンター中央病院 肝胆膵内科・薬剤部・看護部 ソラフェニブの治療を受けられる患者さんへ: https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pamph/sorafenib.pdf
*3ネクサバール錠200mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291017F1025_1_26/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ソラフェニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filesorafenib.png 閲覧数 43回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-04-30 (木) 16:20:01