健康用語WEB事典

ゾナロール(zonarol)

褐藻類であるシワヤハズに含まれるテルペノイド

試験管内やマウスの潰瘍性大腸炎モデルにおいて、ゾナロールの経口投与大腸における潰瘍を有意に抑制することが報告されている。作用機序として、転写因子Nrf2の活性化に作用し、炎症反応を抑制するとされる。*1

*1褐藻類の成分が「潰瘍性大腸炎」を抑制することを発見、予防治療などへの応用に期待-応用生物学部 | 2014年のプレスリリース | プレスリリース | 東京工科大学: https://www.teu.ac.jp/press/2014.html?id=277#01

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ゾナロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-08-29 (土) 06:10:14