健康用語WEB事典

タマリキセチン(tamarixetin)

フラボノールのひとつ。ケルセチン代謝産物。4'-メトキシケルセチン4'-O-メチルケルセチンとも。*1

タマリキセチンの化学構造

ケンフェロールと同様に制御性B細胞分化を促進する。また、ケルセチンイソラムネチンイソプロテレノールジゴキシンと同様に心筋細胞において収縮力とカルシウムトランジェントを増加させる。*2*3*4

*1Tamarixetin | C16H12O7 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Tamarixetin#section=Top
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 制御性B細胞における食品由来ポリフェノールの免疫調節機能性 (KAKENHI-PROJECT-12J07748): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12J07748/
*3ジギタリス様カルシウムトランジェント増強を介したクエルセチンとその代謝物タマリキセチンの強心作用 - 九大コレクション | 九州大学附属図書館: https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_detail_md/?lang=0&amode=MD823&bibid=1937170
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 植物フラボノイドクエルセチンの強心作用と分子メカニズムに関する研究 (KAKENHI-PROJECT-16K20103): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16K20103/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


タマリキセチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filetamarixetin.png 閲覧数 72回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-10-30 (火) 08:23:27