健康用語WEB事典

ダイナクチン(dynactin)

ダイニン調節タンパク質。11種類、20分子サブユニットからなる複雑な超分子複合体(全分子量1.2MDa)。*1*2

ダイニンと共に、または単独で働き、細胞内で微小管を適切な位置に配置し移動させる役割を持つ。また、細胞核ゴルジ体ミトコンドリア膜小胞染色体などの表面にあるタンパク質とも結合して重要な役割を担う。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ダイニンと制御タンパク質の超分子複合体による多様な運動モードの制御マシナリー (KAKENHI-PUBLICLY-15H01310): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PUBLICLY-15H01310/
*2論文紹介|名古屋大学院理学研究科 生命理学専攻・理学部 生命理学科: http://www.bio.nagoya-u.ac.jp/paper/2006-8/08.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ダイナクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-17 (月) 08:04:57