健康用語WEB事典

ダイニン(dynein)

微小管中心方向(微小管マイナス端方向)へ向けた細胞内物質輸送を制御するモータータンパク質。直径が約12nm、幅が9nmであり、キネシンの約10倍の大きさ。*1*2

ダイニンは微小管の関わる細胞運動の原動力となる。2つの頭部で微小管プロトフィラメントを複数本使いながら運動する。

微小管を介したダイニン依存的なミトコンドリアの局在変化は、NLRP3インフラマソームの活性化を促す。*3

*1微小管相互作用特性に基づく細胞質ダイニン運動機構の研究 学位論文要旨詳細: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=128897
*2細胞内を移動するタンパク質「ダイニン」が 動いているときの構造が見えた! — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2015/20150914_1
*3NLRP3インフラマソームと痛風関節炎 三澤拓馬 齊藤達哉 審良静男: https://www.jstage.jst.go.jp/article/gnam/39/1/39_1/_pdf/-char/ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ダイニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-15 (水) 09:03:25