健康用語WEB事典

ダイノルフィン(dynorphin)

内因性オピオイドのひとつ。κオピオイド受容体アゴニストとなり、Gタンパク質を抑制する。痒みの伝達に関与する神経B5-Iニューロン?)によって分泌され、痒みを抑える作用を持つ。*1*2

*1筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|夜も眠れないほど辛い痒みが起きるしくみを解明: https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p20140511600.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | G蛋白機能制御型ダイノルフィン受容体ミュータントリコンビナント蛋白の情報伝達 (KAKENHI-PROJECT-06780656): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-06780656/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ダイノルフィンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-28 (月) 10:42:26