チアミンピロホスホキナーゼ(thiamine pyrophosphokinase)

チアミンからチアミンピロリン酸を生成する反応を触媒するキナーゼ。この酵素の欠損はチアミン依存症の原因となる。*1

*1武庫川女子大学薬学部生化学Ⅱ講座 チアミン代謝酵素や膜輸送の分子機構に関する研究: http://ph.mukogawa-u.ac.jp/~seika2/research.html

チアミンピロホスホキナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-02 (土) 10:48:39