健康用語WEB事典

チオエステル(thioester)

示性式 R−C(=O)−S−R' で表される構造を持つ有機化合物

チオエステルの化学構造

チオエステルでは、硫黄原子の3P軌道とカルボニル炭素の2p軌道の重なりによってC-S結合が形成されている。一方、エステル酸素の2p軌道と炭素の2p軌道の重なりである。これらのことから、チオエステルでは、カルボニル酸素の電子の非局在化がエステルよりも少ないため、反応性が高い。

ご意見・ご要望をお聞かせください。


チオエステルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filethioester.png 閲覧数 140回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-04-17 (火) 10:37:04