健康用語WEB事典

チニダゾール(tinidazole)

トリコモナス症の治療膣トリコモナスに対する殺虫作用や嫌気性菌バクテロイデス属、ペプトコッカス属、ペプトストレプトコッカス属、クロストリジウム属)に対する抗活性を持つ。アメーバ赤痢に対してメトロニダゾールの代用となる。*1*2

チニダゾールの化学構造

により腹部疝痛悪心などが起こるため、使用期間および使用後三日間は飲を控えることが望ましい。*3

タグ: 医薬品成分 有機化合物 殺虫剤 抗菌薬

*1自治医科大学紀要33 メトロニダゾールに対する副反応のためにチニダゾールで治療し得た後天性免疫不全症候群に併発したアメーバ性大腸炎の1例: http://www.jichi.ac.jp/toshokan/jmu-kiyo/33/33pdf-link/p147-153.pdf
*2*チニダゾール錠200mg「F」/*チニダゾール錠500mg「F」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6419001F1048_1_02/
*3くすりの事典 2020年版 片山志郎 成美堂出版(2019/6/30): https://amzn.to/3i8J1I1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


チニダゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filetinidazole.png 閲覧数 154回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-08 (木) 10:15:08