健康用語WEB事典

チミジンホスホリラーゼ(thymidine phosphorylase)

チミジンを基質とするホスホリラーゼ腫瘍血管新生浸潤転移と関連があることが知られている。血管新生因子のひとつであるPD-ECGF血小板由来血管内皮細胞増殖因子)と同一の分子であることが確認されている。*1

チミジンホスホリラーゼは、NADPH細胞内レベルを高めることで活性酸素の産生を増加させる。これによって産生された活性酸素NF-κBを活性化し、IL-8プロモーター活性を高めてIL-8発現を亢進する。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | PD-ECGFを標的とした分子イメージング剤の開発 (KAKENHI-PROJECT-18790908): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18790908/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | チミジンホスホリラーゼの作用機構の解析と阻害剤TPIの前臨床試験 (KAKENHI-PROJECT-22501048): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22501048/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


チミジンホスホリラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-11 (水) 09:13:44