健康用語WEB事典

テタノスパスミン(tetanospasmin)

クロストリジウム属である破傷風菌が産生する神経毒となるタンパク質破傷風毒素とも。*1*2

破傷風における強直性痙攣の原因となる。

末梢組織神経から軸索を登って中枢神経系に達し、脊髄における抑制性ニューロンからの神経伝達物質の遊離および神経終末からの神経伝達物質の放出を阻害する。*3

*1国立感染症研究所 破傷風とは: https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/466-tetanis-info.html
*2天然物由来成分に騙されるな(天然物は本当に安全なの?)近畿大学生物理工学部生物工学科 松川哲也 梶山慎一郎: https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9210/9210_yomoyama.pdf
*3佐賀大学医学部 病原体: http://www.microbio.med.saga-u.ac.jp/Lecture/kohashi-inf4/part10/byogentai.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


テタノスパスミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-23 (木) 09:09:16