健康用語WEB事典

テトラピロール

4つのピロール環が連なった構造をした分子の総称。*1

メッセンジャー?として細胞周期の調整や細胞死の誘導などに関わる。*2

生体内にはヘムクロロフィルなどで存在する。

テトラピロールを基本構造に持つ分子には、クロロフィルヘムなど生体内物質が多く含まれます。近年、これらの分子が、生体内でエネルギー代謝酸化還元反応などの重要な役割を果たしていることがわかってきました。*3

*1広瀬 侑(ひろせ ゆう)|教員紹介|豊橋技術科学大学: http://www.tut.ac.jp/university/faculty/ens/703.html
*2KAKEN — 植物細胞におけるテトラピロール分配・輸送の分子機構: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18570034/
*3天然テトラピロール分子を基盤とした環境調和型光応答材料の創製 | R-GIRO: http://www.ritsumei.ac.jp/research/r-giro/projects/materials/tetrapyrroles.html/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


テトラピロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:48