健康用語WEB事典

テトラベナジン(tetrabenazine)

ハンチントン病などで起こる不随意運動(舞踏運動)を抑制する有効成分。

テトラベナジンの化学構造

作用機構は、中枢神経に存在するモノアミン小胞トランスポーターのひとつであるVMAT2を選択的に阻害し、ドーパミンノルアドレナリンセロトニンによる神経伝達を抑制すること。*1

*1非律動性不随意運動治療薬テトラベナジン(コレアジン®錠12.5 mg)の薬理学的特性と臨床効果: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/143/3/143_144/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


テトラベナジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filetetrabenazine.png 閲覧数 211回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-06-02 (土) 14:23:53