健康用語WEB事典

テトラベナジン(tetrabenazine)

ハンチントン病などで起こる不随意運動舞踏運動)を抑制する治療薬。商品名はコレアジン*1

テトラベナジンの化学構造

中枢神経に存在するモノアミン小胞トランスポーターのひとつであるVMAT2を選択的に阻害し、ドーパミンノルアドレナリンセロトニンによる神経伝達を抑制する。*2

ハンチントン病の主病変部位である線条体においてドーパミンを涸渇させると推察される。テトラベナジン活性代謝物であるα-HTBZおよびβ-HTBZもテトラベナジンと同程度のVMAT2阻害作用を示す。

タグ: 医薬品成分 有機化合物 ハンチントン病

*1コレアジン錠12.5mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1190021F1025_1_05/
*2非律動性不随意運動治療薬テトラベナジン(コレアジン®錠12.5 mg)の薬理学的特性と臨床効果: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/143/3/143_144/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


テトラベナジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filetetrabenazine.png 閲覧数 327回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-08 (木) 12:04:51