健康用語WEB事典

テルペノイド(terpenoid)

イソプレンを基本単位(モノマー)とする有機化合物の総称。イソプレノイドテルペンとも呼ばれる。*1*2

イソプレンの結合数によって以下のように分類される。*3*4

テルペノイドの生合成経路には、細胞質に局在するメバロン酸経路プラスチドに局在するメチルエリスリトールリン酸経路の二種があり、基本構造であるイソペンテニルピロリン酸イソペンテニル二リン酸)とその異性体であるジメチルアリルピロリン酸が合成される。*5

このイソペンテニルピロリン酸縮合によってテルペノイドが合成される。ヒトにおいてはメバロン酸経路によって生成される。*6

*1NIIプロジェクトリポジトリ 植物テルペノイド代謝の多様性とコンビナトリアル生合成(<特集>新しい資源の創出に向かって-合成生物工学の隆起-): https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=305307&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2CiNii 論文 -  大腸菌を用いた植物由来テルペン生合成酵素遺伝子の効率的機能解析システム: https://ci.nii.ac.jp/naid/130002566587
*3秋田県立大学 生物有機化学研究室 研究論文に関する概説: http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/RESC/BOC-home/tokiRev1.html
*4植物セスキテルペノイドの生産制御研究 横浜市立大学木原生物学研究所 小森彩 大阪大学大学院工学研究科 村中俊哉: https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=410&item_no=1&page_id=4&block_id=34
*5哺乳動物細胞における発癌抑制性イソプレノイドの生合成と代謝 人間健康科学研究科 栄養科学専攻 三岳麻衣子: http://sun.ac.jp/shared/uploads/2013/03/001a.pdf
*6抗マラリア薬の開発を目指して | ニュースルーム | KEK: https://www.kek.jp/ja/newsroom/2011/06/16/1311/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


テルペノイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-07 (土) 16:19:10