健康用語WEB事典

デオキシシチジンキナーゼ(deoxycytidine kinase)

デオキシシチジンリン酸化触媒するキナーゼ

ヌクレオシドサルベージ経路律速酵素。また、抗がん剤および抗ウイルス薬として用いられるヌクレオシドアナログの活性化を開始し、それらによる化学療法の効果に必須の役割を果たしている。*1

*1HEK293T細胞で過剰発現したヒト・デオキシシチジンキナーゼのTALONⓇ樹脂による精製とリン酸化部位の同定 Caroline Smal [1], Didier Vertommen [2], Luc Bertrand [2][3], Sandrine Ntamashimikiro [1], Mark H.Rider [2], Eric Van Den Neste [1][4], and Francoise Bontemps [1] [1]Laboratory of Physiological Chemistry and [2]Hormone and Metabolic Research Unit, Christian de Duve Institute of Cellular Pathology, Universite catholique de Louvain, [3]Division of Cardiology, Universite catholique de Louvain and [4]Department of Hematology, Cliniques universitaires Saint-Luc, Universite catholique de Louvain, 1200 Brussels, Belgium: http://catalog.takara-bio.co.jp/PDFS/2006_sua_23.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デオキシシチジンキナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-28 (木) 09:26:18