健康用語WEB事典

デオキシヌクレオチド三リン酸(deoxynucleoside triphosphate : dNTP)

3つのリン酸基を持つデオキシリボヌクレオチドの総称。含まれる塩基の種類によって以下の種類に分類される。

dNTPsとは、A(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)、G(グアニン)を含むデオキシヌクレオチド三リン酸が、繋がらずバラバラになった状態のものを指す。*1

*1生物学実験/ショウジョウバエによる統合的遺伝学実験 - 慶應義塾大学日吉キャンパス 特色GP 文系学生への実験を重視した自然科学教育: http://www.sci.keio.ac.jp/gp/FE14F344_24BD6A63.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デオキシヌクレオチド三リン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-31 (木) 15:29:34