健康用語WEB事典

デクチン-1(Dectin-1)

パターン認識受容体のひとつであるデクチンマクロファージ樹状細胞好中球などの自然免疫を担う細胞細胞膜上に発現する、β-グルカン受容体大腸免疫細胞に多い。マスト細胞での発現も確認されている。*1

C型レクチンの一種であり、IL-1βTNFIL-17Fなどのサイトカイン発現を誘導する。*2

マクロファージ樹状細胞において、細胞内領域のITAMによりSykを活性化し、炎症サイトカイン活性酸素の産生を促進することが知られている。*3

カリニ肺炎の原因となるニューモシスチス・イロベチイをはじめとする、真菌の殺に関わる。*4

*1デクチン1(Dectin-1)は真菌の感染防御に必要 発表論文解説 | 東京大学医科学研究所 2007: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/1dectin1_nature_immunol_in_pre.php
*2~低分子βグルカン摂取により炎症性腸疾患を予防、改善~ 昆布などの海藻食品の摂取で炎症性腸疾患や食物アレルギーなどを 予防・治療できる可能性を示唆: http://www.rs.tus.ac.jp/iwakuralab/pdf/Tang%20Cell%20Host%20Microbe.pdf
*3日本臨床免疫学会会誌 チロシンキナーゼSykの生理機能とその阻害薬: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/36/4/36_197/_article/-char/ja/
*4デクチン-2はα-マンナンの特異的受容体であり、IL-17産生T細胞の分化を誘導することによりカンジダ感染防御に重要な役割を果たす|東京大学医科学研究所: https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/2il17t.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デクチン-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-07-12 (日) 10:18:58