デクチン-1(Dectin-1)

パターン認識受容体のひとつ。マクロファージ樹状細胞好中球などの自然免疫を担う細胞細胞膜上に発現する、β-グルカン受容体大腸免疫細胞に多い。*1

C型レクチンの一種であり、IL-1βTNFIL-17Fなどのサイトカイン発現を誘導する。*2

カリニ肺炎?の原因となるニューモシスチス・イロベチイ(Pneumocystis jirovecii、旧名 Pneumocystis carinii)をはじめとする、真菌の殺に関わる。

*1デクチン1(Dectin-1)は真菌の感染防御に必要 発表論文解説 | 東京大学医科学研究所 2007: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/1dectin1_nature_immunol_in_pre.php
*2~低分子βグルカン摂取により炎症性腸疾患を予防、改善~ 昆布などの海藻食品の摂取で炎症性腸疾患や食物アレルギーなどを 予防・治療できる可能性を示唆: http://www.rs.tus.ac.jp/iwakuralab/pdf/Tang%20Cell%20Host%20Microbe.pdf

デクチン-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-07 (水) 15:04:43