デヒドロエピアンドロステロン(dehydroepiandrosterone : DHEA)

主に副腎で合成される副腎アンドロゲンのひとつ。副腎以外では皮膚から分泌される。後にテストステロンエストロゲンなどの性ホルモンに変換されるステロイドホルモン*1

デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)の化学構造

血液中に高度濃度に存在するが、加齢に伴い減少する。女性の老化防止として有効とされる。*2

弱い男性ホルモンとしての作用を持つ。胎児副腎は大量のDHEAを合成するが、これはDHEA-Sに変化されて胎児血液中に分泌される。このDHEA-S胎盤に達し、そこに発現している一連の代謝酵素によってDHEAを経てテストステロンにまで代謝される。*3

*1北里大学臨床薬学研究センター中毒部門 問題の多い健康食品10種類のデータベース(一般向け)「DHEA(ディーエッチイーエー)」http://www.pharm.kitasato-u.ac.jp/poison/DShomepage/dheaippan.html
*2岐阜薬科大学紀要 2004 デヒドロエピアンドロステロンの新しい代謝とその生理的意義に関する研究 宇佐見則行: http://www.gifu-pu.ac.jp/wp-content/uploads/2015/03/shourei_h15-1.pdf
*3遺伝性アロマターゼ発現異常症 金沢大学大学院医学研究科産婦人科・周産母子センター 生水真紀夫: http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol32/02/jsms32_059_063.pdf

デヒドロエピアンドロステロンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filedehydroepiandrosterone.png 閲覧数 80回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-07 (木) 07:57:56