健康用語WEB事典

デヒドロピペルノナリン(dehydropipernonaline)

ヒハツに含まれるピペルノナリン誘導体

デヒドロピペルノナリンの化学構造

冠状動脈血管拡張作用を有し、血流増加、発汗新陳代謝促進などの作用を持つことが報告されている。*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 更年期女性の不定愁訴を軽減させるための方策:継続的課題の達成と自己効力感 (KAKENHI-PROJECT-21792262): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21792262/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デヒドロピペルノナリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filedehydropipernonaline.png 閲覧数 19回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 13:29:33