健康用語WEB事典

デポ剤(depot agent)

医薬品の有効成分が蓄積されており、体内で徐々にそれを放出することで長期間効果を発揮する形態の薬剤

国内では1950年代に使用されたホルモン筋肉注射剤(テストステロンエナント酸エステルゴマ油に溶解したもの、製品名「デポー」)が最初とされる。*1

一度の注射で長期間効果を発揮できるため、苦痛を伴う注射の頻度を減らせるという利点がある。長いものでは8ヶ月持続するものもある。

タグ: 医薬品 注射

*1特許に見る最近の製剤技術の進歩〔第2回〕 デポ剤 Meiji Seika ファルマ株式会社 知的財産部(CMC研究所兼務) 金子聡: https://www.jstage.jst.go.jp/article/medchem/23/4/23_43/_pdf/-char/ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デポ剤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-09-24 (金) 15:10:12