健康用語WEB事典

トウゴマ(Ricinus communis L.)

トウダイグサ?トウゴマ属の一年草草本(熱帯では多年草木本)。原産地は熱帯東アフリカ。漢字では唐胡麻。成熟した種子を日干しにした後、圧搾したヒマシ油*1*2

リノール酸ステアリン酸リパーゼ毒性のあるリシンリシニンを含む。

*1東邦大学薬学部 生薬学教室 小池一男 トウゴマ 旬の薬草: https://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/yakusou/shun/09-goma.html
*2農研機構 トウゴマ: https://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/casterbean.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トウゴマに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-02 (土) 09:32:02