トラマドール(tramadol)

オピオイド鎮痛薬のひとつ。医療用麻薬には指定されていない。神経障害性疼痛に対して有効。*1

1R,2R-トラマドールの化学構造

単体では負担が強くあまり使用されていなかったが、アセトアミノフェンとの合剤(トラムセット配合錠)は保険適応範囲が広くなったことによって使用量が増加した。*2

μOPRの活性化作用とノルアドレナリンセロトニンの再取り込み阻害作用を持つ。鎮痛効力はモルヒネの5分の1程度。トラマドールの代謝にはCYP2D6CYP3A4が関与する。*3

水溶性で、経口摂取によってほぼ完全に吸収され、活性代謝物のO-デスメチルトラマドール?となる。

*1東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 緩和ケア看護学分野 宮下光令 ステップ2の弱オピオイドは必要か?: http://plaza.umin.ac.jp/~miya/oncolnurs18.pdf
*2トラマドールおよび新規オピオイド系鎮痛薬タペンタドールの鎮痛作用機序とその比較 中川貴之 京都大学大学院薬学研究科生体機能解析学分野: https://plaza.umin.ac.jp/jpps/issue/magazine/pdf/0601_02.pdf
*3オピオイド - 福岡大学病院: http://www.hop.fukuoka-u.ac.jp/upfiles/syuyo/seminar20120321-03.pdf

トラマドールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: file1R,2R-tramadol.png 閲覧数 103回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-13 (水) 10:18:20