健康用語WEB事典

トランスグルタミナーゼ(transglutaminase)

タンパク質グルタミン残基リジン残基の間のペプチド結合形成(架橋結合反応)を触媒する酵素*1

この反応にはカルシウムイオンが必要。架橋分子内でも他のタンパク質との間でも起こる。また、リジン残基だけでなく第一級アミングルタミンに結合し得る。*2

*1兵庫医科大学大学院医学研究科 先端医学専攻 分子病態制御系 皮膚病態制御学(指導教授 山西清文)中川登 トランスグルタミナーゼ1にR142C変異をノックインしたマウスでは角層バリアと生後の生存が障害される: http://www.hyo-med.ac.jp/library/faculty/graduate_college/media/nakagawa.pdf
*2創薬科学研究科 細胞生化学 研究室紹介 タンパク質が接着する反応とは?: http://www.ps.nagoya-u.ac.jp/lab_pages/biochemistry/crosslinking%20reaction.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トランスグルタミナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-20 (水) 08:43:46