トランスデューシン(transducin)

視細胞発現するGタンパク質*1

光によって活性化したロドプシンは、トランスデューシンを経てホスホジエステラーゼを活性化させることによって、セカンドメッセンジャーであるcGMPが分解される。*2

これによって視細胞内のcGMP濃度が低下すると、環状ヌクレオチド依存性チャネルが閉じ、カチオンの流入が停止して細胞過分極する。*3

*1旭川医科大学生理学講座神経機能分野 化学感覚 柏柳誠: http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/physi2/Chemosensory%20system%20homepage.pdf
*2筑波大学大学院生命環境科学研究科・中谷研究室ホームページ 光シグナル伝達の模式図: http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~nakatani/page-j-21-phototransduction.html
*3特集:生物がみる光・生物をみる光~生物物理学を照らす七色の光~ 視細胞の光受容メカニズム 今元泰 京都大学大学院理学研究科: https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/55/6/55_299/_pdf

トランスデューシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-07 (日) 07:16:06