健康用語WEB事典

トランスフェリン(transferrin)

と結合する血漿タンパク質。トランスフェリン1分子は2原子分のと結合し、体内での運搬体として働く。*1

細胞トランスフェリン受容体1TfR1)を介して、細胞内にを取り込みフェリチンで蓄える。*2

卵巣がんに関わることが報告されている。

卵胞液?に含まれるイオン輸送タンパク質トランスフェリンが卵管上皮細胞でのDNA損傷に関与することを発見しました。この研究成果は、生体活動の維持に必須のタンパク質であるトランスフェリンがDNA損傷を引き起こすことを証明した重要な報告であり、いまだ不明な点が多い卵巣がん機構の解明に寄与することが期待されます。*3

*1岡山大学 トランスフェリン,Tf(transferrin): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/denkai/tf.htm
*2鉄代謝について | 京都大学大学院 医学研究科 細胞機能制御学: http://mcp.med.kyoto-u.ac.jp/research/fe-about/
*32015年11月11日 東北大学 大学院医学系研究科 卵胞液成分による DNA 損傷誘導メカニズムの解明 卵巣がん発生にトランスフェリンが関わる可能性を発見: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20151111_02web.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トランスフェリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-10 (日) 10:12:27